ART BEASTIES is

an Japanese artist collective based in New York City. We strives to broaden and deepen the understanding of contemporary Japanese art to an international audience, Through hosting pop-up show and curating an online registrar of Japanese artists.

Event information

01_ARTBEASTIES_MeetingTable_main

 


PAST EVENT ARCHIVES no.8:

蝶の羽ばたき Time Difference 時差 vol.3 New York-Seattle-London-Tokyo


都美セレクション グループ展 2018

at 東京都美術館 ギャラリーC
http://www.tobikan.jp
東京都台東区上野公園8-36

2018年6月9日(土)~7月1日(日)
9:30-17:30 (入室は閉室の30分前まで)
夜間開室 : 6月15日(金)、6月22日(金)、6月29日(金)は20:00まで
休室日 : 6月18日(月)

観覧料無料

主催 : ART BEASTIES、 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)


ART BEASTIESは「日本人によるコンテンポラリーアート」を世界に広く紹介し、次なるプレゼンスを切り開いていくことを目的として2013年ニューヨークで設立され、国内外で計6回の展覧会を行うなど精力的に活動を続けてきました。
グループは、ニューヨーク・シアトル・ロンドン・東京・神戸の5都市を拠点に活動しているメンバーによって構成されています。アーティスト自ら展覧会の企画・運営を行い、グループだからこそできる実験的な表現や、大きなプロジェクトに挑戦する場として機能しています。

本企画「時差展」はこのような活動の中で、異なるタイムゾーンに暮らす私たちの、「時差」の実体験から生まれた企画です。
私たちに必要不可欠なオンラインコミュニケーション:現代の瞬間的・同時代的な世界との繋がりは、時に私たちの「差」を露呈させ、孤独や危機感、自己のあり方を強く認識させることもあるでしょう。そのリアルな葛藤や共鳴、プロセスの全てにある、新たな視点・可能性を表現します。

メンバーは「日本人」アーティストであることをひとつの条件として集められていますが、それぞれが住む国や国籍、年齢、作品スタイル、バックボーンは様々です。2020年に行われる東京オリンピックを始めとし、世界中が日本という国や文化に注目する中で、私たちのように多様化していく日本人のアイデンティティを改めて深く追求し、今後の国際的な日本人の活躍に対し、ステレオタイプで一方通行でない新たな視点・タイミングを与えたいと考えます。
また本展は、ART BEASTIESを東京で紹介する初の展覧会となります。長年海外で活動する日本人アーティストの実際を、東京の皆さんに紹介し交流できることは、次なるクリエイティビティや国際交流の芽を育むものと考えます。

「時差展」第1回、第2回に続く、本展「時差展」第3回は、「蝶の羽ばたき」をコンセプトに加えました。
蝶が羽ばたく程度の小さな撹乱(こうらん)でも、その繋がりは場所を越え、思いもよらない影響を与えうるという、刺激的な未来を予見します。


実験的なファインアート作品、サイトスペシフィックなインスタレーション、各都市からの映像とサウンドを繋いだ映像作品、即興的パフォーマンス、コラボレーションワーク等、ジャンルを超えた作品群を紹介します。
また、これらの作品制作と本展開催に向けて、プランやコンセプト作りの段階から、メンバー間で行ってきたオンラインミーティングの映像やそこで実際に使われた道具など、あらゆるプロセスも展示します。

海外から5名、国内から3名の出展作家8名が現地入りし、来場者の皆様と対話を行うアーティストトークも開催します。


出展作家: 曳野真帆, Ko IRKT, 中村ユキ, ポール駒田, Takayuki Matsuo, Tokio Kuniyoshi, 北村早紀, 浅井翔, 中山誠弥, 山本純子
運営代表: 曳野真帆, Ko IRKT, 北村早紀, 黒田真由

アーティストトーク&パフォーマンス:
6月9日(土)14:00〜
本展参加アーティスト10名と、来場者の方を交えたオンラインミーティング(ビデオ通話)形式のアーティストトークを行います。会場内には11台のラップトップを設置し、NYからアーティスト2名も参加します。来場者の皆様からの質問を受け付けながら、会話形式で「アーティスト活動の実際」を話します。
ネットワーク不良や機械の不調、時間制限など、私たちのコミュニケーションはうまくいかないかもしれません。そのエラーやハプニングも含めた即興的なパフォーマンスです。
参加費無料、事前申込不要。

助成
公益財団法人 朝日新聞文化財団
芸術文化振興基金
geibun_logo_Black_web


イベント最新情報はこちらをご確認ください >>
Facebook
Instagram

_____

“Butterfly Flutter – Time Difference 時差 vol.3 New York-Seattle-London-Tokyo”

at Tokyo Metropolitan Art Museum, Gallery C
http://www.tobikan.jp
8-36 Ueno-Park Taito-ku, Tokyo

Organized by Tokyo Metropolitan Art Museum and ART BEASTIES

June 9 – July 1, 2018, 9:30 – 17:30 (Fridays 9:30 – 20:00) 
*Admission until 30 minutes before closing.
*Close on June 18.

Admission free

Artist Talk and Performance Meeting Table June 9, 14:00 –

Artists: HIKINO MAHO, Ko IRKT, NAKAMURA Yuki, Paul KOMADA, MATSUO Takayuki, KUNIYOSHI Tokio, KITAMURA Saki, ASAI Kakeru, NAKAYAMA Masaya, YAMAMOTO Junko
Organizers: Maho Hikino, Ko Irkt,
Coordinators: Saki Kitamura, Mayu Kuroda

Grant:
The Asahi Shimbun Foundation
Japan Arts Council

Please check & follow the latest event news at >>
Facebook
Instagram


__________________________________



PAST EVENT ARCHIVES no.7:

In the Shadow of Olympus


The group exhibition titled In the Shadow of Olympus will be held in March 2018 at SOIL Gallery.
Less than a second later the flame was extinguished in Rio de Janeiro, the machination of Olympics has commenced its tumbling journey aimed toward Tokyo. If there was a straight flight path connecting the two cities, the airplane would fly over Seattle with a payload of extreme anticipation and anxiety. The exhibition would revolve around the idea of politics, economy, history, and the symbology of the long standing global ceremony. The forthcoming Tokyo Olympics preparation and promotion will be examined from the point of view of Japanese artists with various sentiments ranging from: positively enthusiastic to pessimistically dystopian.
The participating artists are members of Japanese artist collective, Art Beasties based in Seattle, NY, London and Tokyo. The group members frequently engage each other intersecting multiple time-zones through Skype meetings, in order to shape and advance the projects.

During the Opening Reception, some connected via Skype and others physically present in SOIL gallery, Art Beasties will conduct a meeting. It is an “open-process” performance filmed and recorded simultaneously in multiple point of views. The recordings will be analyzed and edited in order to contemplate on the place for, and function of a Japanese Artists Collective in the world
today.

SOIL Collective and Artist-run Gallery
112 3rd Ave S, Seattle, WA 98104
206–264–8061
gallery@soilart.org
http://soilart.org/

March 1 – 31, 2018, Thurs through Sun, 11 am – 4 pm
Opening Reception March 1, 6-8pm
Performance Meeting Table March 1, 6:30-7:00pm
Curators: Paul Komada, Ko Irkt, Maho Hikino, Junko Yamamoto
Artists: Paul Komada, Yuki Nakamura, Ko Irkt, Maho Hikino, Tokio Kuniyoshi, Masaya Nakayama, Kakeru Asai, Saki Kitamura, Junko Yamamoto, Mayu Kuroda

Funded in part with a 4Culture Project Grant
https://www.4culture.org/


3月1日(木)から31日(土)までSOIL gallery (ソイルギャラリー)にて「In the Shadow of Olympus」展を開催します。
Seattle・NY・東京・神戸・Londonの5都市で暮らすアーティスト10名が、
ペインティング、版画、映像、サウンド、ファッション、インスタレーション等様々な手法で、本テーマへの考察と新作を展示します。
またオープニングレセプションでは、メンバーによるパフォーマンスイベントが行われます。
助成: 4Culture
_______

リオデジャネイロでの聖火が消された瞬間、オリンピックという「たくらみ」が、転がり落ちるように東京へと狙いを定めた。
もし、この二つの都市を直行便が結んでいたとしたら、飛行機はシアトルの真上を通過する。究極の期待と不安の荷物を乗せて飛ぶことだろう。
本展覧会は、この長く行われてきた国際的な祭典における、政治的、経済的、歴史的、記号的な意味を、アイディアの発端とするものある。
私たちART BEASTIESが視野を広げていくために、ホストとなる日本の私たちそれぞれの考えや感覚を、様々な都市に住む日本人以外の方たちに批評していただきたい。

この展覧会はただ単に、東京でのオリンピックの開催をお祝いするものではない。
むしろ、この国際的スポーツイベントが放つ、目が眩むほどのまばゆい光によって、はっきりしなかったものが何であるかを明らかにしていきたい。





__________________________________

PAST EVENT ARCHIVES no.6:

Time Difference 時差 vol.2 New York-Seattle-Tokyo-Kobe


Jun 1 – 5, 2016
Reception: Jun 4, 2pm-
Artists talk and contemporary dance by Fumi Takahashi

at 兵庫県立美術館ギャラリー棟 (Hyogo Prefectural Museum of Art, Kobe, Japan)

Artists:
Seattle: Ko Irkt, Paul Komada, Yuki Nakamura
New York: Kakeru Asai, Tokio Kuniyoshi, Masaya Nakayama, mattuo
Tokyo: MAHO HIKINO, Saki Kitamura, Hanae Nakamura, Noriyo Yasunaga
Kobe: Mayu Kuroda

Face Book Event Page

ART BEASTIES is a Japanese artist collective based in New York City. We live in different time zones; NY, Seattle, Tokyo and Kobe; we communicate online and some of us never met in person. Starting off from experiencing somewhat counter-intuitive and awkward moments created through E-mail, Skype or SNS communication between three time zones, we explore the gap in our perception of time in the different time zones. The Art Beasties members investigate new discoveries and possibilities that miscommunications; time lag, digital glitch and cultural and linguistic context would create the process. The projects include painting, photography, printing, sculpture installation, video installation, clothing, knitting and contemporary dance performance.

シアトル・NY・東京・神戸の4都市で暮らす若手日本人アーティストが、「時差」というテーマを元に作品を制作し、実際に会場・神戸に集まり、開催された企画展覧会です。これは、NYをベースに活動してきた私たちART BEASTIESにとって日本初となる展示となります。

今回私たちが提示する「時差」というテーマは、自分と他者/世界との「差」を常に見つめながら、世界に挑戦している日本人若手芸術家の実際の姿を映し出すものです。展示作品の前で、アーティストと鑑賞者が出会い、私たちの経験と現状をナマのものとして伝え、多くの鑑賞者の皆様にその体験をご自身の実生活にもって帰って頂きたいと考え、展開しました。
展覧会は、NY、シアトル、東京、日本から、12人のART BEASITES所属アーティストによる、絵画、インスタレーション、版画、ミクストメディア、写真、映像、スカルプチュアという多様な13点の新作(うち2点はコラボレーションワーク)によって構成されました。「時差」というテーマを起点とした、様々な方向への思考を展開しました。
また、会期中に開催されたレセプションイベントでは、コンテンポラリーダンサーの高橋芙実さんにご参加いただきました。日本とアメリカの「時報」の音声をミキシングしたサウンドに合わせ、展示されたそれぞれの作品と肉体的に関わりながら、観客とともに会場内を回り、「時差」そのものの存在を表現しようという実験的なパフォーマンスを行いました。
パフォーマンス後はアーティストによるトークイベントを開催し、国内外で作家活動を行う意義や困難などを、会場にお越しいただいた多くのお客様とともに考え、語る実りあるひとときとなりました。

また、図録の制作と販売を行いました。本展の企画概要、各作品に対するアーティストからのコンセプト文、作品の構想段階にて行われたスカイプミーティングの会話内容の書き起こし、ART BEASITESのこれまでの活動の紹介、作家紹介、などを収録しました。


助成 
公益財団法人 朝日新聞文化財団
公益財団法人 神戸文化支援基金
神戸文化支援基金_ロゴマーク横組150



本展のために、クラウドファンディングにて資金調達を行いました。
皆様からの暖かいご支援により、見事目標額を達成することができました!ありがとうございました!
https://www.booster-parco.com/project/56

Special Thanks!!!!!!(順不同):
MiChi様、Ayaka Nishi様、KENJI HIKINO様、長井隼平様、mizo@hi-g様、大場勲様、大場麻衣子様、MISAKI様、柏原久留美様、中村勲子様





__________________________________

PAST EVENT ARCHIVES no.5:

Time Difference時差: Seattle–New York–Tokyo @ SOIL Collective and Artist-run Gallery


Noon–5pm, Thurs–Sun, April 2 – May 2, 2015
Opening Reception: First Thursday, April 2, 6–8pm

SOIL Collective and Artist-run Gallery
112 3rd Ave S, Seattle, WA 98104
206–264–8061
gallery@soilart.org
http://soilart.org/

Facebook Event Page


Artists:
Seattle: Paul Komada, Akiko Masker, Yuki Nakamura
New York: Kakeru Asai, Ko Irkt, Tokio Kuniyoshi
Tokyo: MAHO HIKINO, Saki Kitamura, Mayu Kuroda, Noriyo Yasunaga

Special Thanks (Music Installation)
Seattle: Yuya Izumi, Blake Ryan
New York: COPUT (Ken Arii, Hiroki Oshiro)
Tokyo: Muku Kobayashi, Taiga Hirabayashi

Time Difference is our first collaboration between the members exploring time, locations, and surroundings from various perspectives. We live in different time zones, countries and cities; we communicate online and some of us never met in person. Starting off from experiencing somewhat counter-intuitive and awkward moments created through Skype communication between three time zones, we explore the gap in our perception of time in the different time zones. The Art Beasties members investigate new discoveries and possibilities that real-time, time lag, digital glitch and cultural and linguistic context would create the process. The projects include live music performance, photography, installation, video, and painting.



__________________________________

PAST EVENT ARCHIVES no.4:
A concurrent pop-up show was held at Prole Drift Gallery.

April 2 – April 4, 2015

Thursday, April 2, 6–8pm
Friday, April 3, 12–5pm
Saturday, April 4, 12–9pm
Opening Reception: Saturday, April 4, 6–9pm

Facebook Event Page


Prole Drift Gallery
523 S. Main St.
Seattle, WA 98104
http://proledrift.com/

Artists:
Seattle: Paul Komada, Akiko Masker, Yuki Nakamura
New York: Kakeru Asai, Ko Irkt, Tokio Kuniyoshi
Tokyo: MAHO HIKINO, Saki Kitamura, Mayu Kuroda, Noriyo Yasunaga


  
__________________________________

PAST EVENT ARCHIVES no.3:

Studio” @ Dumbo Arts Festival


Reception Party 26th September ( Friday ), 6pm – 9pm.
Open:27th and 28th September noon – 6pm
@55 Washington St #705, Brooklyn, NY 11201

ARTIST:
Tokio Kuniyoshi,
MAHO HIKINO,
Ko IRKT,
Kakeru Asai,
Saki Kitamura,
Akiko Masker

Facebook Event Page
Dumbo Arts Festival 2014

ART BEASTIES is pleased to announce a show and party to celebrate our first year Anniversary. Visit our open studio show during DUMBO Arts Festival when more than 200,000 visitors gather in our neighborhood to experience the many artworks, studios, galleries and public art installations on view.

We will be hosting an open day on the 26th September 2014 to thank all our existing supporters, plus welcome new visitors to enjoy a party and the opportunity to talk about future plans and ideas about our new experimental works – painting, photography, video installation, woodcut print and mixed media works and much more.



__________________________________

PAST EVENT ARCHIVES no.2:

“FLUID DESTINATION” @ culture fix


Artist Reception 20th March ( Thursday ), 7pm – late.

Open:20th to 22nd March 5pm – 9pm
18th to 19th March OPEN BY APPOINTMENT, Please Contact to info@artbeasties.com

ARTIST:
Yuki Nakamura and Robert Campbell,
Saki Kitamura,
Ko IRKT,
Tokio Kuniyoshi,
MAHO HIKINO

Curated by Sessa Englund.

Facebook Event Page


Art Beasties welcomes you to join us at Culture Fix for our second show, Fluid Destination. The effects of a global world and a global identity are prevalent in our daily lives; we live half of it online, and many of us spend the other half in flux between two countries or two cultures.

In order to establish ourselves as members of a global community we must constantly flow and change; deciding whether to take the shape of our surroundings like water in a vase, or whether to extend our identity to contain new ideas of who we are and our live, constantly leaving traces of ourselves as we travel, and leaving things behind to discover new experiences.

For this show we ask our participating artists to meditate on the fluidity of their work and their experiences, bringing forth a personal and inspired expression of the implications of living globally.




__________________________________

PAST EVENT ARCHIVES no.1:

ART BEASTIES EXHIBITION 29-31.JAN.2014 @ Brooklyn Fire Proof


Introducing Art Beasties: a Japanese artist collective working in NYC. Join us to celebrate the start of a collective that strives to broaden and deepen the understanding of contemporary Japanese art, promoting individuality and diversity of esthetics.

Artists:
Ko IRKT (painting)
Saki Kitamura (print making)
Yuki Nakamura (sculptural installation)
MAHO HIKINO (video installation )
Tokio Kuniyoshi (photograph)

Curator:Sessa Englund



__________________________________

PAST EVENT ARCHIVES no.0:

ART BEASTIES Start-up Party 14sep2013